保冷・保温インナー

「角が決まるファスナー付きビニコトート Sサイズ」と合わせて使える保冷・保温インナーのレシピです。
アルミシートを縫い込む一体型より、使い勝手が良いように思います。

実物大型紙は、以下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
ファイルがうまく開かない場合は、Adobe Readerの最新バージョンをインストールしていただくと解決する場合があります。

   実物大型紙は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

※ 印刷の際は、用紙に合わせて縮小することのないよう、等倍で印刷してください。
当ショップでの印刷のサービスはしておりません。ご了承ください。

サンプルとして作った「角が決まるファスナー付きビニコトート」を保冷バッグに改造しました。
これは思い立って、15分ほどで作ったものです。
保冷シートを立体に縫いました。
これを内側にセットしますが、とくに固定したりはしていません。
ファスナー開きの部分は、画像のように6〜8mm開けてます。実際にひと夏使ってみて、このような簡単な作りでも、自分で使う分には問題はありませんでした。
冷たい飲み物の汗で濡れたらインナーだけを裏返して干すことができ、汚れたときの手洗いも簡単です。
保冷・保温インナーを外せば 普通のビニコトートとして単体で使えます。
※ 異なるサイズのバッグや お手持ちのバッグに合わせたい等、アレンジ方法についてはサポートしておりません。
また、Mサイズのインナーのパターンを作成する予定はございません。



このページのトップへ